光BBユニット2.2から2.3への変更方法【ソフトバンクのWifi端末を5GHzに対応させる】

ソフトバンクの光BBユニット(E-WMTA2.2)は通信帯域は2.4GHzにしか対応していません。
2.4GHzは電波干渉しやすくWifiが途切れやすいです。
電波干渉が起きづらい5GHzに対応するためには光BBユニット(E-WMTA2.3)に変更する必要があります。
その方法を共有します。

背景

私が自宅で使用しているMacBookAirにBlueToothのマウスを使用した時にWifiが途切れてネットに繋がらないことが頻繁に起こりました。
調べると原因はWifiの通信帯域に2.4GHzを利用しているからでした。

自宅のWifi端末はソフトバンクの光BBユニット(E-WMTA2.2)でした。
これは2.4GHzにしか対応していないようなので端末の変更が必要です。

光BBユニットの端末確認方法

自宅のWifi端末に何を使用しているかはランプの形で確認できます。

引用:https://www.softbank.jp/support/faq/view/19631

変更方法

ソフトバンクのページにアクセスすると光BBユニット2.1→2.2または2.3への変更については明記されていますが2.2→2.3への変更については記載されていません。
光BBユニットレンタルのお手続き | オプションサービスのお手続き | SoftBank

でも変更できます

ページの下にある「申し込む」ボタンを押してください。

申し込むボタンのURL
https://ybb.softbank.jp/member/func/option-line/?viewCode=root_bbmember&mem=memCertAFmb

すると、ログインするように促されます。
ここからログインすると機器の交換が可能です。


ログインすると現在の光BBユニットの状況が表示されます。

下にある「変更」ボタンを押します。

同意するにチェックを入れて「確認する」をクリックします。

光BBユニットオプションサービス追加/解約ページに移動します!


私はすでに光BBユニット2.3に変更済みなので、下の画像は「解約する」しか表示されていませんが、2.2を使用している方は2.3へ変更する文言が表示されて変更が可能です!

変更内容をチェックして契約書類の受け取り方法をSMS/郵送にチェックして「確認する」ボタンをクリックします。
あとはそのままページに表示される文言に従って進んでいただければOKです!

新しい機器が届く日数

私の場合は変更を依頼すると5日程度で光BBユニット2.3が自宅に届きました!

光BBユニット2.3はデフォルトで2.4GHzと5GHzに対応しているのでPCを5GHzのSSIDに接続して使用しています。

古い機器(光BBユニット2.2)はどうすればいいのかわかりませんが、急に返却して、と言われても困るので一応取っておいてます。

まとめ

ソフトバンクの光BBユニット(E-WMTA2.2)から光BBユニット(E-WMTA2.3)への変更方法を紹介しました。

私の当初の目的であるのBlueToothのマウスを利用してもWifiが途切れることがなくなり、快適に過ごせています!

ただ、自宅のWifiのSSIDが変更になったので自宅のWifiを利用している端末(Amazon Echo と Nature Remo) にSSIDの再設定をしないと行けなかったので少しめんどくさかったです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました