光BBユニット2.2から2.3への交換方法は?画像付きで解説!5GHzでサクサクWifi環境

ソフトバンクWifi機器の光BBユニット2.2から2.3への交換方法をご紹介します。
交換することで通信帯域が5GHzにも対応し、電子レンジやBlueToothの電波干渉の問題を解消することができます。

交換するとWifiが途切れる問題がなくなりました!

なぜ交換するべきか?

Wifiが途切れる!

私が自宅で使用しているMacBookAirにBlueToothのマウスを使用した時にWifiが途切れてネットに繋がらないことが頻繁に起こりました。

調べると原因はWifiの通信帯域に2.4GHzを利用しているからでした。2.4GHzは電波干渉しやすく、BluteToothや電子レンジを使用すると途切れやすいです。

私の自宅のWifi端末はソフトバンクの光BBユニット(E-WMTA2.2)で、2.4GHzにしか対応していないようなので端末の変更が必要でした。

光BBユニット2.2だと2.4GHzにしか対応していないので、電波干渉する可能性が高いんです。

光BBユニットの端末確認方法

自宅のWifi端末に何を使用しているかはランプの形で確認できます。

引用:https://www.softbank.jp/support/faq/view/19631

光BBユニット2.2から2.3への交換方法

①ソフトバンクのページにアクセスします。
光BBユニットレンタルのお手続き | オプションサービスのお手続き | SoftBank


このページで光BBユニット2.1→2.2または2.3への変更については明記されていて、2.2→2.3への変更については記載されていませんが、変更することができます。

②ページの下にある「申し込む」ボタンを押します。

申し込むボタンのURL
https://ybb.softbank.jp/member/func/option-line/?viewCode=root_bbmember&mem=memCertAFmb

ログインするように促されます。


③ログインします
ログインすると現在の光BBユニットの状況が表示されます。


④下にある「変更」ボタンを押します。

⑤同意するにチェックを入れて「確認する」をクリックします。

光BBユニットオプションサービス追加/解約ページに移動します。


私はすでに光BBユニット2.3に変更済みなので、下の画像は「解約する」しか表示されていませんが、2.2を使用している方は2.3へ変更する文言が表示されて変更が可能になります。

⑥光BBユニットの変更にチェック、契約書類の受け取り方法にSMS/郵送のどちらかにチェックして「確認する」ボタンをクリックします。


⑦あとはページに表示される文言に従って進んでいただければOKです!

新しい機器が届く日数

私の場合は変更を依頼すると5日程度で光BBユニット2.3が自宅に届きました!

古い機器(光BBユニット2.2)はどうすればいいのかわかりませんが、急に返却して、と言われても困るので一応取っておいてます。


光BBユニット2.3は通信帯域が2.4GHzと5GHzに対応しているのでPCを5GHzのSSIDに接続して使用しています。

5GHzに接続してWifiが途切れず快適にネットできています!

まとめ

ソフトバンクの光BBユニット(E-WMTA2.2)から光BBユニット(E-WMTA2.3)への変更方法を紹介しました。

私の当初の目的であるのBlueToothのマウスを利用してもWifiが途切れることがなくなり、快適に過ごせています!

ただ、自宅のWifiのSSIDが変更になったので自宅のWifiを利用している端末(Amazon Echo と Nature Remo) にSSIDとパスワードを再設定をしないといけなかったので少しめんどくさかったです。

どうせ交換するなら、このタイミングで他社の回線に乗り換えてキャッシュバックをもらうのもアリかしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。