楽天証券の口座を開設する方法【株・ゴールド・信用取引まで】

投資を始めてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

でも具体的な方法が分からなかったり、手続きが煩雑で思うように始められない、そんな方にこの記事を読んでいただけると幸いでございます。

↓の目次から目的の箇所に飛んでいただけると楽です。

楽天証券で金融取引をする方法

楽天証券の口座開設

申し込む前にまずはマイナンバーカードを準備する必要があります。

マイナンバーカードを準備したら次は楽天証券の口座開設のサイトにアクセスします。

[口座開設の手続き]のボタンを押します。

楽天会員のIDを持っていない方は左の[楽天会員ではない方]、持っている方は[楽天会員の方]を選んで次に進めます。

楽天会員の方は本人情報の入力を省略することができます。

今回は{楽天会委員の方}のほうで口座開設の申請をしていきます。楽天会員でない場合も本人情報の入力以外は同様に進んでいきます。

次に口座を解説するための連絡先としてメールアドレスを登録する必要があります。

登録するためのメールアドレスを記入したら、下の[同意の上送信する]をクリックします。

すると自動で登録したメールアドレスに、メールが送られてきます。

本人確認書類の登録

次に本人確認書類を提示を求められます。運転免許証とマイナンバーカードを選ぶことができますが、マイナンバーカードの方が登録が楽になるのでおすすめです。

ここではマイナンバーカードを使って本人確認書類の提出を行います。

個人番号カードにチェックを入れたら以下のページが表示されます。

「撮影時の注意点へ」をクリックします。

「表面の撮影説明へ」をクリックします。

【撮影を始める】をクリックします。

[撮影を始める]を押して個人番号カードを斜めから撮影します。

同様の撮影をこの後裏面でも行います。

「顔写真の撮影へ」をクリックします。続いて顔写真の撮影が終わりますと、連絡先を記入するページに移動します。

本人情報を入力したら[次へ]をクリックします。

これが終われば開設のための作業は一区切りとなります。

後日楽天証券のためのIDが記載された資料が郵送にて送られてきます。それをつかって楽天証券のサイトにログインすることができます。

次の画像はスマートフォン用のホームページです。

口座への入金方法

入金方法は2種類あります。

  • リアルタイム入金・・・銀行口座から入金
  • ATMでの入金  ・・・ATMで手動で入金


ATMを使う場合、30,000円以上の入金でしたら手数料がタダになります。

リアルタイム入金

楽天証券ページにおいて申請をすればネット上だけで入金手続きをすることが可能です。

ご自身で持っている銀行口座と、楽天証券とを紐付けをするための手続きが必要になります。この手続きには数日かかることもあります。

【出入金・振替】を選びます。

今回はゆうちょ銀行から入金します。

今回は10000円を振り込みます。

[確認]を押します。

[次へ]を押します。

こちらの画面が表示されたら入金の手続きが終わったことになります、[リアルタイム入金]は手続きが受領されるまで時間がかかるのでしばらく時間を置きます。

ホーム画面左下の「買付可能額」に金額が加算されていれば入金手続き手続き完了となります。

楽天証券で投資の取引をする方法

株式投資

楽天証券のサイトにアクセスします

画面右上のメニューを開きます。

国内株式を選びます。

すると株式売買用のページが開きます。

赤枠で囲んだところに買いたい銘柄の名前を入れて検索します。

[ランキングから探す]

では売買の代金や扱っている取引所などから気になるような銘柄を探すことができます。

買いたい銘柄を見つけたらリンクをクリックします。

今回は見本なので安い銘柄を選ばせていただきます。

こちらが銘柄をクリックした時の画面です。

[現物買い]を押します。

こちらが取引の画面になります。

買う上で最低限入力が必要なのは

取引数量(1単位100株)

指値の注文をするかどうかです。

指値を指定すると株価がその値段になった時に注文が成立します。

成行注文は指値を指定せずに注文を出します。

指値注文の方が株価の変動のリスクを抑えることができますが、その代わりに手数料が割高になることがあります。

今回は数量を100、指値を1にして注文を出します。

上の画像が必要事項を入力した画面です。

取引用の暗証番号を入力し、【注文の内容確認する】を押します。

こちらが確認の画面です。

注文を押します。

注文が受け付けられました。

金の取引方法

口座開設申請

メニューの[債権、他の商品]を選びます。

まずは、楽天証券にて金.銀プラチナの取引をするための申し込みが必要になります。

[金・プラチナトップへ]を選びます。

まずは取引を開始するための必要条件を満たしているどうかアンケートに記入します。

アンケートの答えを全て[はい]にして、[次へ]を押します。

【申し込み】を選びます。

金、プラチナの取引申し込みが完了しました。

金の買付

ホームへ戻ってもう一度[債権 他の商品]を選びます

[金プラチナトップへ]を選びます。

金、銀、プラチナのうちで買いたいもを買い、又は積立で購入します。今回は金の買い注文をします。

金の[買い]を選びます。

買う数量は金額基準グラム数で選ぶことができます。

今回の買いつけは1000円で行います。

1000円を入力して[確認]を押します。

上が積立設定の確認画面です。

金の積立に「1000円」と記入されています。

この積立設定はいつでも変更可能です。

信用取引

信用取引口座の口座開設申し込み

[信用口座開設お申し込み]を押します。

チェックを入れて申し込みします。

次のページでは本人情報の入力を行います

本人情報を全て記入したら[口座開設基準の確認へ] を選びます。

信用取引に関するページが表示されます。

[閉じる]  を押します。

信用取引ルール、信用取引規定、信用取引口座設定約諾等、の3つを確認してください。

3つとも確認したら、【承諾する】をクリックします

[はい]を選びます。

[はい]を選びます。

[はい]を選びます。

[信用口座を申し込む]を押します。

これで信用口座の開設申し込みは終了しました。

3営業日ほどで申請が授与され口座が使えるようになります。

信用取引での株の売買

楽天証券のホームページにアクセスします。

ヘッダーの[国内株式]を選びます

表示される[注文]を開きます。

[信用取引(新規注文)へ]を選びます。

株の現物と取引と同じように買いたい、取引したい銘柄を検索します。

今回は[アジア開発キャピタル]の銘柄を例に取ります。

上の画面では以下の選択をします。

・売買の選択

・信用区分(取引の期限)の選択

・売買する株式数の指定(100株単位)

・注文の仕方(指値か成行かの選択)

・暗証番号

これらを入力したのが以下の画像になります。

[注文内容を確認する]を押したら取引の内容を確認する画面が出てきます。

問題ないようであれば、これで操作は完了となります。

FX

条件

FX口座を開設するには、以下の要件を満たしている必要があります。

・資産を100万円以上有している

・年齢が80歳未満

・インターネット接続環境が整っている。

FXと信用取引は場合によっては元手を上回る損失が生じます。その損失を賄う分の資産が必要となるわけです。

まとめ

楽天証券で取引をする過程をまとめてお見せしました。

画像を据えて紹介してみました。

ですが、今回の内容はあくまで手続きの説明だけです。

どの様に資産運用(ポートフォリオ)を組んでいくのかは、皆様ご自身で考えて頂く必要があります。

今回お見せした以外にも、NISAiDeCo(イデコ)といった投資の枠組みが存在しています。

口座開設の申請ができた読者の皆さんでしたらこれらのサービスへの申し込みも同様に行うことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。