未経験でもできる在宅データ入力の副業で稼ぐためのコツや収入の目安をご紹介

データ入力の副業は、特別なスキルが必要なく誰でも気軽に始められます。

パソコンがあれば家にいながら好きな時間で仕事ができるため、ちょっとしたお小遣い稼ぎが可能です。本格的に作業をすれば、まとまった収入にもなります。

データ入力はとても人気の高い副業のひとつで、参入する人もかなり多いです。

そこで今回は、副業でデータ入力を始めるにあたり知っておきたい

  • 具体的な仕事内容
  • 単価や報酬の目安
  • 登録したほうがいいサービス
  • 稼ぐためのコツ
  • クライアントとうまく付き合う方法

などを詳しく解説します。

クライアントとうまく付き合えたり、誠実な作業ができることで継続して仕事をもらえるかもしれません。単価アップにもつながります。

副業でデータ入力をやってみたい人は、最後までチェックしてみてください。

データ入力の具体的な仕事の種類

データ入力の仕事には、大きく分けて2つの種類があります。

  • リサーチなしの仕事

  PDFや名刺など記載された情報をそのまま入力

  • リサーチ込みの仕事

  会社情報など指定された情報を集めて入力

リサーチ込みのほうが仕事量が増えるため、単価が高い場合が多いです。

リサーチなしの仕事

リサーチがいらないデータ入力の主な仕事は、以下の4つ。

  • 伝票/名刺の情報入力
  • アンケート結果の集計
  • PDFのデータ化
  • 音声ファイルの文字起こし

与えられた資料(紙・PDF・音声ファイル)を、指示通りに入力していく仕事です。

誰でも作業できる仕事のため、正確性を強く要求されます。

リサーチ込みの仕事

リサーチが必要なデータ入力の主な仕事は、以下の4つ。

  • ネットショップ商品登録
  • サービスや商品の口コミ作成
  • SNSのいいね/フォロー増やし
  • 企業情報のリスト作成

商品情報をネットから探したり、サービスの口コミをSNSで見つけたりします。

TwitterやFacebookのいいねを増やしたり、Instagramのフォローやコメントをするのもデータ入力の仕事です。

データ入力の具体的な仕事内容

上記で挙げたようなデータ入力の仕事は、どのような内容なのかをご紹介します。

個人情報を扱うことも多いため、外部に情報が漏れないよう注意を払う必要があります。

伝票/名刺の情報入力

伝票や名刺に書かれている情報(氏名・会社名・電話番号・金額など)を、項目ごとにExcelファイルや専用システムにそのまま入力をします。

画像が粗く読み取れないものを報告することも、セットで行うことが多いです。

1枚あたり30秒~1分くらいで入力していきます。

英語や中国語記載の案件もあり単価が少し上がるため、言語が得意な人は積極的に獲得していきたいですね。

アンケート結果の集計

クライアントが実施したアンケートの結果を、Excelなどに集計する仕事です。

アンケート記述欄の手書き回答をテキストにしたり、回答者情報をリスト化します。集計結果のグラフ化も行うことも。

音声ファイルの文字起こし

インタビューや議事録、講演会、座談会、セミナーなどの音声を聞いて、内容をテキスト化する仕事です。

ケバ取りといわれる「えー」「あのー」などの言葉を除いて、文字に起こすよう指示されることもあります。

文字起こしは、タイピングが速い人のほうが採用されやすい傾向。

ネットショップの商品登録

商品の指定情報を入力し、BUYMAやヤフオクなどで出品までを行う仕事です。

ほとんどコピペで対応できますが、一部ネットで情報を探す必要があります。

また、商品の画像加工業務も一緒に行う場合が多いです。画像加工の業務がある場合は、マニュアルがあるため経験がなくても問題ありません。

サービスや商品の口コミ作成

エリアやジャンルなどの指定条件をもとに、SNSで商品やサービスの口コミを探してExcelファイルにまとめる仕事です。

項目は主にアカウント情報、投稿内容、投稿日時、URLなどを入力します。

SNSのいいね/フォロー増やし

指定された条件をもとにTwitterやFacebookのいいねを増やしたり、Instagramのフォローやコメントをする仕事です。

「1日5投稿ずついいねをしてください」などの指示があります。

企業情報のリスト作成

指定された業種の会社を調べて、企業情報をExcelファイルに入力する仕事です。

調査には、ネット検索やタウン誌などを使います。

主な項目は会社名、住所、電話番号、メールアドレス、URLです。

企業HPに全項目の記載がない場合もあり、調査に時間がかかることもあります。

仕事内容の比較

上記でご紹介した7つの仕事を、調査の有無と難易度で比較してみました。

伝票/名刺の情報入力アンケート結果の集計音声ファイルの文字起こしネットショップの商品登録サービスや商品の口コミ作成SNSのいいね/フォロー増やし企業情報のリスト作成
調査有無
難易度★☆☆★☆☆★★★★★☆★★☆★☆☆★★☆

タイピングの速度やケバ取りの作業などから、音声ファイルの文字起こしが難易度の高い結果となりました。

在宅で副業としてデータ入力を行うメリット/デメリット

在宅で副業としてデータ入力を行うメリットとデメリットについてご紹介します。

誰でもできて好きな時間に働ける一方、はじめは報酬が低めで稼ぎにくいです。

データ入力のメリット

副業でデータ入力をするメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • 作業をした分だけ報酬を得られる
  • PCのスキルを活かせる
  • 好きな時間に作業/休憩ができる
  • 人間関係でストレスを感じない

作業をした分がそのまま収入に反映される点が、データ入力の最大のメリットでしょう。

時給だとどれだけ作業をしても、報酬が増えることはないですよね。

パソコンさえあれば、柔軟な働き方ができます。

納期さえしっかりと守れば、1日何もしない日があっても問題ありません。

データ入力のデメリット

データ入力をする際のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 報酬単価が低く、稼ぎづらい
  • 悪徳業者に遭遇する可能性がある
  • 単純作業でやりがいを感じられない

データ入力はほかの副業よりも報酬単価が低く、稼ぎづらいです。

はじめのうちは作業になれず、「これだけ作業をしてたったこれだけ…?」と思うことも。

まともな案件と悪質な案件の見分けがつかず、トラブルに遭遇する可能性もあります。

またコツコツした作業が苦手な人は、単純作業の繰り返しでやりがいがなく、つまらないと感じるかもしれません。

仕事形態

副業で行うデータ入力の仕事形態には、以下の2種類です。

  • 完全在宅でできるもの
  • 企業に出勤して作業するもの

在宅か出勤するか、で業務内容も変わってきます。

完全在宅でできるもの

在宅で行えるデータ入力では、電話対応など入力以外の作業はほとんどありません。

そのため入力業務に集中できるため、実績をより多く積めたり早くからスキルアップも可能です。

煩わしい人間関係に悩まされることもないでしょう。

単価が安く感じるかもしれませんが、効率よく作業できれば単価アップも見込めます。

企業に出勤して作業するもの

企業に出勤してデータ入力をする場合は、入力業務以外に電話対応の追加業務が発生することがあります。

コールセンターや通販の窓口などでは、通話の内容や顧客情報を入力するのが一般的です。

入力の業務が行える割合が少ないかもしれません。

データ入力の単価や報酬の目安

データ入力の仕事での報酬形態は、固定報酬型と時給型の2つに分かれます。

データ入力で得られる平均的な報酬の目安もご紹介。

1文字・1件ごとに報酬が増える固定報酬型

固定報酬型では、クライアントが文字や件数ごとに単価を決めています。

文字単価が適用されるのはPDFの文章をそのまま入力するような場合で、件数単価は会社情報のピックアップなどが1社ごとに報酬が増える仕組みです。

音声ファイルの文字起こしでは、1分ごとに単価が決められることが一般的。

案件によってさまざまですが、1文字あたり0.1~1.0円、1件あたり10~40円という設定が多いようです。

1時間ごとに報酬が増える時給型

在宅でできるデータ入力の仕事でも、報酬が時給制の場合もあります。

クラウドソーシングサイトでは1時間あたり800円前後が多いです。

企業でのアルバイトで時給約1,000~1,500円のため、在宅でのデータ入力はかなり低いですよね。

タイピングが速い人は時給分以上の入力ができる可能性が高いので、固定報酬制のほうがいいかもしれません。

在宅でできるデータ入力の報酬の目安

在宅でできるデータ入力の報酬の目安は、月10,000~50,000円ほどです。

なぜ差が出ているかというと、タイピングの速さやPCスキルによって単価が変わってくるため。

同じ量の作業をしても、文字単価が0.5円と1円では倍の報酬になります。

タイピングを速く打てるようになったり、クライアントに認められると単価を上げられるようになります。

月3万円稼ぐための必要目安時間

データ入力で時給換算800円で月に3万円を稼ぐために必要な目安時間は、37.5時間です。

1日に1時間以上の作業をして、やっと3万円の収入が得られます。

時給換算1,000円で計算すると、30時間で3万円となり7.5時間早く稼ぐことが可能です。

はじめのうちは思うように稼げないと思うかもしれませんが、慣れて実績を積めばもっと短い時間で月3万円の報酬を得られるでしょう。

仕事選びの注意点

クラウドソーシングサイトなど、ネットを介してデータ入力をするときには仕事の選び方に注意点があります。

いい案件だと思って応募した先で「作業開始後に音信不通になってしまった」「LINEに誘導された」「マルチの勧誘だった」ということも。

こういう悪質な案件には、以下のような3つの特徴があります。

  • 報酬が異常に高い
  • 作業内容の記載があいまい
  • 応募数が極端に多いが契約数は0

このような内容の場合は、悪質な案件の場合が多いです。

データ入力を始めたばかりだと、違和感がないことも多いかもしれません。

対策として以下のようにして、案件を探すようにしましょう。

  • クライアントの過去評価、登録日を見る
  • 複数のデータ入力案件を比較する
  • 案件と応募数と契約数を見る
  • 案件の依頼金額を見る

クライアントの過去評価がなく、登録が数日前、応募数が極端に多いが契約数が0の案件は、マルチの勧誘目的の場合が多いです。

クライアントの過去評価が悪いものが多い場合も、「音信不通になってしまった」「報酬が支払われない」などの可能性もあります。

また、クライアントの依頼金額が低いものは、高い報酬が見込めないかもしれません。まとまった金額で依頼を出しているクライアントのほうが予算がある傾向に。

高い評価がほとんどのクライアントの案件と比べる癖をつけると、段々いい案件か悪い案件かがわかってきます。

稼ぐためのコツ

報酬単価が低いデータ入力で稼ぐには、タッチタイピングと環境を整えることが重要です。

タッチタイピング

データ入力の副業で効率よく稼ぐためには、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけることがとても重要。

キーボードを見ずにタイピングができると、視線が資料とキーボード、入力画面を行き来せずに資料と入力画面だけを見ながらの作業ができます。

視線が多く動くと入力ミスの原因にもなるため、タッチタイピングは入力の速さだけでなく正確性も上げることが可能。

キーボードに突起がある「F」と「J」に各人差し指を置くと、自然に指の配置がホームポジションと呼ばれる位置になります。

タッチタイピングを習得するのには多少の時間が必要ですが、一度覚えてしまえば確実に有利なスキルです。

環境を整える

作業環境を整えることも、データ入力で効率よく稼ぐために必要なポイントです。

  • データ入力作業の時間を計測し、スピードを意識する
  • 作業中はテレビやスマホなどほかのものを見ない
  • リラックスできるよう音楽を流しながら作業する

上記3つのように環境を整えると、データ入力のみに集中して効率を上げられます。

時間を計測して今の自分の実力を知り、常にスピードを上げられるよう意識することで1件あたりの入力が確実に上がります。

仕事をする上での注意点

データ入力の副業をするときには、いくつかの注意点があります。

  • 入力ミスを極力しない
  • 情報の取り扱いには気をつける
  • 納期を確実に守る

データ入力を行う資料のなかには、企業の大事なデータが含まれていることも。在宅で仕事をするなら、外部に情報が漏れないよう情報の取り扱いは慎重に行いましょう。

入力ミスや納期を守ることは基本ですが、意外とできていない人が多いです。入力ミスが頻発したり、納期に毎回遅れていると継続して仕事をもらえなくなります。もし納期に遅れそうだと判断したらすぐに、クライアントに報告をするようにしましょう。

データ入力の仕事に向いている人

データ入力の仕事に向いている人の特徴は主に3つです。

  • コツコツとした作業が好き
  • 自己管理ができる
  • PCスキルがある

データ入力は1つの案件で同じことを繰り返し作業します。そのため、コツコツとした作業が苦にならない人がいいでしょう。

案件には納期があります。いくつも案件を抱えると、スケジュール管理が重要です。

稼働できる時間に合わせて案件をとったり、仕事量が多い場合は作業時間を増やすなどの対策が必要。

「タイピングが速い」「Excel、Wordなどの基本的なPC操作ができる」人は、データ入力の仕事は向いています。納品をExcelやWordですることが多いため、使える人はとても有利です。

登録しておいたほうがいいサービス

在宅でデータ入力の仕事をするのにおすすめなサービスを、クラウドソーシングサイトとその他に分けてご紹介します。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトで登録しておいたほうがいい、おすすめのサイトは

の2つです。

業務の流れは、「案件に応募→契約→作業→納品→検収→作業分の報酬支払い」となっています。

クラウドワークス

データ入力でのおすすめサイトの1つ目はクラウドワークスです。

テレビCMでも放送中で、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

仕事発注数は300万件を超えており、仕事の種類は200種類以上あります。

スマホのアプリもあり、案件探しから契約までをアプリで行うこともできます。プッシュ通知がくるため新着案件を見逃しません。

ランサーズ

おすすめサイトの2つ目はランサーズです。

210万件の仕事の中から、自分に合った仕事を探せます。

案件に応募したほかの人の情報が簡単に見られて、どのようなスキルを持った人が応募をしているのかがすぐにわかります。

ランサーズには認定ランサーという仕組みがあり、優良なワーカーに称号が与えられるものです。マイページで自分がいまどのレベルまできているのかすぐに分かるため、モチベーションアップにもつながります。

その他

クラウドソーシングサイト以外でデータ入力の仕事を探す場合は、ココナラというサービスがおすすめです。

ココナラは自分の得意を販売できるサービスで、テレビCMでもよく見かけます。自分で価格を決めることができ、データ入力や文字起こしでの最低価格は1,000円です。

実績がまだない場合は最低価格にて実績を積み、金額を上げていくのがいいでしょう。ある程度の実績がつくと金額を上げても購入されますし、リピート客がついたりもします。

データ入力を始めたばかりのときは、どのように業務が進んでいくのかが掴めないかもしれません。

そのため、クラウドソーシングサイトで1~2件でも業務の流れを理解してからココナラなどのその他サービスを利用することをおすすめします。

おすすめサービスの比較

上記で紹介した3つのサービスについて、比較をしてみました。

比較をする項目は、

  • メリット
  • デメリット
  • 始めやすさ
  • 難易度

の4点です。

クラウドワークスランサーズココナラ
メリット案件数が300万件と豊富アプリで案件を見逃さないマイページが見やすい自分で価格や納期を決められる
デメリット人気案件への倍率が高い実績が0のときに契約まで進みづらい自分主体で業務を進める必要があるシステム手数料が最大25%と割高
始めやすさ★☆☆★☆☆★★☆
難易度★☆☆★☆☆★★☆

始めやすさ、難易度ともに星2つのココナラですが、自分で価格や納期を決められるのはいいですよね。スケジュール管理がしやすいでしょう。

システム手数料はクラウドワークス、ランサーズともに最大20%に対し、ココナラは最大25%と割高になっています。

データ入力の副業に確定申告は必要かどうか

副業を始めるにあたり気をつけなければいけないのが、確定申告です。

副業で収入を得ている場合に、確定申告が必要なパターンは2つです。

  • 給与所得が1か所のみで「給与」「退職金」以外の所得が20万円以上
  • 給与所得が2か所以上で副業の給与所得が20万円以上、または「給与」「退職金」以外の所得が20万円以上

本業以外での所得が20万円以上かどうかがポイント。このとき、経費は差し引いた金額が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

確定申告の必要がなくても、住民税の申告は必要です。

本業以外の所得がいくらであっても必要なため、忘れないように申請を出しましょう。

クライアントとうまく付き合うコツ

在宅でデータ入力の副業をする場合は、クライアントとうまく付き合うことが重要です。

クライアントとの上手な付き合い方を3つご紹介します。

  • 連絡がきたらなるべくすぐに返信をする
  • 指示された通りに作業をする
  • 納品前には一度見直しをする

業務が開始したら、サイトやChatWork(チャットワーク)などで連絡を撮るようになります。連絡がきたらなるべくすぐに返信をするようにしましょう。返信が極端に遅いと、不信感が募ってしまいます。

外出先でメッセージ内容を確認できない場合には、「外出先のため改めて内容を確認させていただきます。」などと一言送っておくと、クライアントは安心できるものです。

また、指示された通りに作業をして納品前には見直しをすることで、ミスをなくし単価アップにつながったり仕事を継続してもらえるかもしれません。

顔が見えないからこそ、丁寧な対応をするように心がけるといいでしょう。

まとめ

今回は在宅でデータ入力を始めたいと思っている人に向けて、ご紹介をしてきました。

スキルや職歴など必要なく、誰でも気軽に始められるメリットがあります。

単価が高くないためはじめは思うようにいかないこともあるかもしれません。

丁寧な作業をして単価アップや仕事の継続をしていきたいですよね。

データ入力の仕事内容や目安報酬、注意したほうがいいことなどを踏まえた上で、おすすめのサービスに登録をして仕事を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。