副業Webライター始めるには?月収50万円を見据えた最初の一歩

副業でWebライターを始める方法は、想像する以上に簡単です。しかし、せっかくフリーランスの世界に挑戦するのなら、より高い目標を掲げ、より高い収入を目指してみたいと思うことも多いでしょう。

そこで今回は、副業Webライターを始める手順に加え、高収入を見据えたWebライターの始め方や準備方法までお伝えします。計8つのステップを順々に踏んでいけば、月収50万円も夢ではありません。せひ、以下よりご確認ください。

目次

Webライターで月収50万円は達成可能か?

結論からいえば、Webライターとして50万円の月収を得ることは可能です。

クラウドソーシングの大手である「ランサーズ」を利用する吉見夏実さんは、同サービス内で月収50万円を達成しています。彼女は一児の母親で、サービスを開始してわずか4か月後に月収20万円を得ていたといいます。

参考:THE LANCER、月収50万の在宅ライター・吉見 夏実が”誰でもライターになれる時代”に想うこと、実現したいこと

もちろん目的とする収入や働き方は人それぞれです。
ただ、自分自身の働き方を見直し、収入を高めていこうと努力する上においては、月収50万円は一つの目標になるのではないでしょうか。副業でお小遣い稼ぎをすることも可能ですが、自分なりの目標を持ってスタートすることをおすすめします。

副業Webライターの始め方【月収50万円を見据えた最初の一歩

Webライターの副業を始めるには、次の4つのステップを踏むだけで十分です。

  1. Webライティングについて学ぶ
  2. クラウドソーシングサイトに登録する
  3. タスク案件にチャレンジしてみる
  4. タスクに慣れたらプロジェクトに挑戦

しかし、より月収を高めたいという方には上記だけでは足りません。さらに遠い将来を見据えておくことが大切です。上記4点に加え、以下の4つの手順も押さえておきましょう。

  1. プロジェクトのポートフォリオを作る
  2. SEOとコンテンツマーケティングを学ぶ
  3. オウンドメディアを開設する
  4. Webライターとして独立する

もちろん、お小遣い稼ぎが目的で副業Webライターを目指す人がいるのも当然です。目的は人によって異なるため、ご自身の理想に合わせて4つの手順にするのか、それとも8つの手順を踏まえて将来に備えるのかを決めてください。

手順(1)Webライティングについて学ぶ

副業Webライターを開始する前に、Webライティングについて基本的な事柄を学んでおくことが大切です。副業や専業にかかわらず、Webライターになるとプロとしての品質が求められるからです。

いまでは書店やネットでさまざまな専門書籍が手に入ります。専門書籍はWebライティングに関する体系的な知識を得られることも多いため、少なくとも1冊は目を通しておきましょう。

最近は、Webライター向けのセミナーも多くなりました。セミナーに参加する利点は、Webライティングの知識が学べるだけではなく、場合によってはクライアントを紹介してもらえることもある点です。

副業をスタートする前にWebライティングの基本的な知識を習得しておきましょう。

おすすめ書籍(1)Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識

Webライティングの基礎の基礎から学ぶなら、「Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識」がおすすめです。初心者が知っておきたいWebライティングの知識が50個のポイントに絞って紹介されているため読みやすく、学んだ知識は上級者になってからも使えます。

おすすめ書籍(2)頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

Webライティングを学ぶためのおすすめ書籍として、「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を紹介します。冒頭でもお伝えした、吉見さんが著者です。

上記で紹介した「Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識」よりも、吉見さんがご経験された知見を踏まえて解説されており、より実践的な内容となっています。

おすすめセミナー(1)クラウドソーシングWEBライター養成講座

クラウドソーシングに登録したばかりという方は、「クラウドソーシングWEBライター養成講座」がおすすめです。副業Webライター向けのセミナーとなっており、まずは5万円のライティング収入を目指します。

クラウドソーシングを利用する際のプロフィール作成方法や、仕事応募時の効果的な提案方法など、普段なかなか得られない情報を取得することができます

セミナーへの参加にクラウドワークスかランサーズへ登録しておく必要があるため、登録だけ済ませておいてください。


講座名

クラウドソーシングWEBライター養成講座

講師

本田もみじ

価格

20,000円(税込)

授業回数

全12回

カリキュラム
・正しい日本語に修正
・読みやすい日本語に修正
・情報の入手法(記事や取材から)
・企画を考える
・取材記事を執筆する など


公式URL

https://www.fraunetz.com/wr

手順(2)クラウドソーシングサイトに登録する

次に、クラウドソーシングに登録します。

クラウドソーシングとは、仕事の依頼者(クライアント)と受注者(ワーカー)をマッチングするサービスです。クライアントが依頼したい案件が一覧で表示されているため、ワーカーは簡単に仕事を探すことができます。

編集会社に連絡して直接仕事を受けることもできますが、相当な手間がかかる点がデメリットです。よって、自宅から24時間いつでも仕事を探せるクラウドソーシングをおすすめします。登録作業は5分ほどで済むため、手間もかかりません。

手順(3)タスク案件にチャレンジしてみる

クラウドソーシングに登録した後は、まずタスク案件に挑戦してみましょう。

Webライターとしてクラウドソーシングで仕事をするときは、次の2種類の形式にわかれます。

  • タスク:契約を行わず公開された仕事を自由に選んで作業する
  • プロジェクト:契約を交わし、クライアントとやり取りしながら仕事を進めていく

タスク案件はクライアントとメッセージのやり取りをする必要がなく、作業が承認されると報酬を受け取れます

一方、プロジェクト形式で依頼されるのは、クライアントとのやり取りが必要な複雑な仕事です。1つの契約で複数の記事を依頼されることもあり、納品することでまとめて報酬を受け取れます。

タスクはプロジェクトに比べて簡単作業が多く、初心者や未経験者におすすめです。執筆する文章量も100~500文字など少なくなっています。まずはタスクによって実際にライティングを体験し、感覚をつかんでいくとよいでしょう。

手順(4)タスクに慣れたらプロジェクトに挑戦

ある程度タスクの仕事に慣れると、今度はプロジェクトの仕事にも挑戦してみてください。タスク案件は単価が極めて低いため、副業とはいえ収入に納得できないことも多いでしょう。

また、タスク案件は継続性が薄く、Webライターとしての実績に役立たないこともデメリットです。実績をしっかりと積み上げていかないと、将来プロジェクトに応募するときのアピール材料が乏しくなります。

プロジェクトの場合、納品した記事の内容がよければ継続して発注してくれることも珍しくありません。クライアントから安定して仕事をもらえると新規で案件を探す必要もないため、より効率的に収入を高めていくことができます。

副業Webライターになるための手順は以上です。後はプロジェクト契約の数を増やし、1ヶ月の収入を安定させることが重要となります。Webライターとしてさらに収入アップを果たしたい方は、以下4つの手順も見据えておきましょう。

手順(5)プロジェクトのポートフォリオを作る

何度もプロジェクトを経験すると仕事にも慣れてきます。すると今度は、プロジェクトのポートフォリオを形成していくことが大切です。簡単にいうと、ご自身が納得できるプロジェクト案件を複数持つようにします。

未経験の内は、プロジェクトに応募しても採用されないことが多々あります。しかし、Webライターとして経験を積んでくると、プロジェクト応募時の採用率が高まるため、自分の得意ジャンルや高単価案件など仕事の選別が可能です。仕事が増えるほどポートフォリオとしての厚みが増します

保有する仕事の量が増えると今までよりも多くの収入を得られるでしょう。ポートフォリオをより厚くするには、現在抱えているプロジェクトの数を正確に把握し、実績を積んで採用率を高めていくことが大切です。

手順(5)プロジェクトのポートフォリオを作る

何度もプロジェクトを経験すると仕事にも慣れてきます。すると今度は、プロジェクトのポートフォリオを形成していくことが大切です。簡単にいうと、ご自身が納得できるプロジェクト案件を複数持つようにします。

未経験の内は、プロジェクトに応募しても採用されないことが多々あります。しかし、Webライターとして経験を積んでくると、プロジェクト応募時の採用率が高まるため、自分の得意ジャンルや高単価案件など仕事の選別が可能です。仕事が増えるほどポートフォリオとしての厚みが増します

保有する仕事の量が増えると今までよりも多くの収入を得られるでしょう。ポートフォリオをより厚くするには、現在抱えているプロジェクトの数を正確に把握し、実績を積んで採用率を高めていくことが大切です。

手順(6)SEOとコンテンツマーケティングを学ぶ

Webライターの収入をより高めるためには、SEOコンテンツマーケティングの知識が欠かせません。

SEOとは、Webに公開する記事の検索順位を上げるテクニックのことです。Webライターが納品する記事のほとんどはWebに公開されるため、サイトへの流入数を増やすために必要となります。

Webライティングにおけるコンテンツマーケティングとは、読者にとって価値のある情報コンテンツを形成するための知識です。記事はただ文章を書けば良いというのではなく、クライアントの収益に繋がる価値のある記事(=読者にとって役立つ情報)を提供する必要があります。
副業Webライターの場合はSEOやコンテンツマーケティングの知識が浅くても、ある程度の収入を得ることができます。しかし、それ以上の収入を求める際は、専門領域であるSEOやコンテンツマーケティングの習得が必要です。

おすすめ書籍(1)SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOについて詳しい知識を得るには、「SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64」がおすすめです。サイト運営者ではなくWebライター向けにSEO技術が紹介されているため、ライティングに落とし込んで考えやすいメリットがあります。

成功法則は全部で64個あり、基礎から応用まで順に並んでいるので理解もしやすいでしょう。学んだ知識をライティングに活かせば、クライアントに喜んでもらえることは間違いありません。

おすすめ書籍(2)Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

コンテンツマーケティングを学ぶには、「Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書」がおすすめです。基礎知識から実践的な具体例まで詰まった、充実した教本といえます。

紹介されている事例が数が多く、それぞれ細かく説明されている点が特徴です。マーケティング関係の解説は抽象的でわかりにくいことも多いため、事例で理解しやすい点は大きなメリットとなります。

手順(7)オウンドメディアを開設する

必須ではありませんが、オウンドメディアの設立も視野に入れておくと収入アップには役立ちます。

オウンドメディアとは、企業などが自社で保有するWebサイトなどの媒体です。Webライターはクライアントのオウンドメディア内で記事を執筆することが多いため、運営手法を理解しておくことは発注者の気持ちを理解することと等しいといえます。
個人の場合であればブログでも構いません。読者に情報を提供する側の気持ちがわかれば、SEOやコンテンツマーケティングなどをより深く理解できるようになります

おすすめのブログ開設サービスは「WordPress(ワードプレス)」

オウンドメディアまたはブログを開設するには、WordPress(ワードプレス)がおすすめです。

無料ブログサービスを使って自分のサイトを立ち上げることもできますが、WordPressに比べて見劣りします。独自ドメインが利用できないことやSEOに弱い点は、オウンドメディアとして見逃せません。

一方のWordPressは、一通りのSEO対策を施すことができるので収益化に向いています。さまざまなプラグインを活用して読者の利便性を向上したり、コンテンツの提供方法を工夫できるのでコンテンツマーケティングにも最適です。

【WordPress】https://ja.wordpress.com/

手順(8)Webライターとして独立する

副業Webライターとして活動する際は、あらかじめ独立する(専業ライターになる)ことも視野に入れておくとよいでしょう。

もちろん独立することは必須ではありませんが、副業ではお小遣い程度のお金しか稼げない点だけは覚えておいてください。Webライティングは想像以上に時間がかかる反面、副業では時間に限りがあるからです。

独立することは誰にとっても不安が付きまといます。

しかし、だからこそ副業から始めるメリットがあります。副業だと本業の収入が保険となるため、未経験で初めても生活に困ることはありません。ゆっくりと時間をかけて実績を積んでいけるので、独立した時点で高単価案件に応募できたり、蓄積されたノウハウを活用することができます。

副業としてWebライターを続けることはもちろん、独立することを視野に入れて働くことも選択肢の一つです。

副業Webライターとは?

ここまでWebライターの始め方をお伝えしました。今度はより詳しくWebライターのことを知っていきましょう。
Webライターのことを詳しく理解することで、ライティングやSEOの知識を習得しやすくなります

Webにある記事を書くことが仕事

Webライターは、クライアントが運営するオウンドメディアにてWebに公開する記事を書くことが仕事です。

私たちが普段Webで検索して出てくる情報は、主にWebライターによって制作されています。つまり、Webライターの仕事とは、検索者の意図を読み取り、どのような情報が必要かをまとめて記事に起こすことだといえるでしょう。

文字数は案件によって異なり、一般的に1,000~1万文字の間で依頼されます。

ライティング能力とSEO技術が求められる

Webライターに求められるのはライティング能力だけではありません。

Webに公開した記事はすべて検索エンジンによってランキング化されます。ランキングの上位(検索して1ページ目に出てくる10個の記事)ほどより多くの検索者からクリックされるため、検索順位を高めるSEOの技術も求められています

副業Webライターとして働くメリット

副業Webライターとして働くメリットを理解しておくと、仕事のやりがいを感じることが多くなります。Webライターは仕事から得られるものも多く、自身のキャリアアップを実感しやすいからです。

以下で副業Webライターのメリットを4つお伝えします。

メリット(1)メディア運営の知見が得られる

Webライターはクライアントのオウンドメディアを通じて仕事ができるため、否が応でもメディア運営の知見が得られます。SEOやコンテンツマーケティングにも詳しくなります。

メディア運営の知識があると、自分でブログやECサイトを開設したり、動画配信をする際に便利です。特にSEOは、Webメディア以外にECサイトや動画配信の際にも重要となります。
今後さまざまな分野に進出できるという意味では、発展性が高いといえるでしょう。

メリット(2)転職の際に有利となる

SEOやコンテンツマーケティングの知識は、転職の際にも有利に働きます。

近年は数多くの企業がWebに進出し、各社各様のコンテンツを配信しています。それに伴ってWebマーケティングに強い人材の需要も旺盛です。しかし、SEOやコンテンツマーケティングといったWebマーケティングの知識は、一朝一夕に習得できるものではありません。

もしWebライターとして仕事をする間にSEOやコンテンツマーケティングを習得していれば、上記のような転職市場の需要のスキマに入り込めるようになります

メリット(3)頑張った分だけ副収入が増える

Webライターの収入は、自分の頑張り次第で多くなります。クライアントによっては定期的に報酬を上げてくれることもあり、稼げる金額に上限はありません。

ただし、本業に支障が出るほど熱を入れ込みすぎないように注意してください。本業があってこそ副業も成り立ちます。

メリット(4)新しい働き方を見つけられる

副業Webライターとして仕事を続けていると、サラリーマン以外の仕事にも興味を持つことがあるかもしれません。

クライアントによって仕事の仕方はさまざまで、ブログを運営している方もいれば、専門的なBtoCサイトの経営や動画配信をしている場合もあります。直に接するクライアントの仕事を見て、自分もその道に進みたくなることもあるでしょう。

ときにはクライアントからWebメディアの共同運営を相談されるケースもあり、ビジネスチャンスが広がる可能性も見逃せません

副業Webライターは月にどれくらい稼げるのか?

副業Webライターの月収はどの程度なのか、理解しておくことは大切です。あらかじめ収入が予測できなければ、副業とはいえリスクが高すぎます。

ここでは、副業Webライターの収入事情をお伝えします。

文字単価の相場は1.0~1.5円

Webライターの報酬は、主に文字単価によって決まります。文字単価1.0円の記事であれば、1,000文字の記事を執筆して1,000円の報酬が受け取れます。

クラウドソーシングで依頼されているWebライティングの仕事は、0.1円~10.0円付近まで、文字単価はさまざまです。

文字単価の相場は大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」が公表しており、2,000文字の記事を書いて2,000円の報酬(文字単価1.0円)となっています。また、執筆する前に構成(記事の枠組み)作業が発生すると1,000円の上乗せとなり、文字単価は1.5円です。

参考:クラウドワークス 発注者ガイドライン

副収入は月3~5万円

副業Webライターは収入は、月3~5万円が一般的です。

たとえば、現在の平均記事単価が2,000円だとしましょう。2,000円の記事単価だと月間25~35記事執筆することで月収3~5万円に達します。1ヶ月に25日働くとすると1日に最低1本ペースとなるため、副業でも十分に達成可能です。

月収10万円以上も可能

副業で月収10万円はハードルが高いものの、決して不可能な数字ではありません。

先ほどと同じ条件で10万円を達成しようとすれば、月間50記事を執筆する必要があります。1日2本のペースなので、忙しい副業の方には少々困難です。

しかし、平均記事単価を2,000円から3,000円に上げることができれば、1ヶ月の執筆数は33本で済みます。実績を積んでくると徐々に平均記事単価も上がるため、時間が経つに連れて収入も上がりやすくなるでしょう。

副業Webライターとして働く上での注意点

副業Webライターとして働くようになると、仕事の確保や収入の管理まで、すべて自分が責任を持って行わなければなりません。そのため、Webライターを始める前に、あらかじめ以下の注意点を念頭に置いておきましょう。

注意点(1)ブラック案件に気を付ける

クラウドソーシングサイトには多種多様な仕事が集まりますが、必ずしもすべて安全な案件とは限りません。ときにはブラック案件や怪しい仕事もあるので、十分に注意してください。

たとえば、ワーカーに商品を購入させたり、外部サイトへの登録を強要される仕事があてはまります。悪質なクライアントに引っかかると、記事を納品したのに報酬を支払ってくれないこともあるため、必ず仮払い(報酬の前払いシステム)を確認してから作業を行ってください。
クラウドワークスは公序良俗や法律に反する仕事を禁止しており、「仕事依頼ガイドライン」にて公表しています。必ず事前に確認しておきましょう。

注意点(2)確定申告が必要

副業の収入が年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。毎年2月16日~3月15日に税務署へ行き、前年1年分の給与と副業の所得を申告しなければなりません(電子申告も可能)。

申告しなければ脱税で延滞税などが課されますし、副業が会社にバレてしまう恐れもあります。クライアントから受け取った報酬は簡易的でもよいので記帳し、年末に計算しやすいようにしておきましょう。

クラウドソーシングサイトの正しい選び方

クラウドソーシングサイトはどれを選んでも同じようにも思えますが、実は選び方がとても重要です。安易にサイトを選んでしまうと損をすることもあるので、以下3つのポイントを基準にしてください。

  • 選び方(1)案件数の多さで選ぶ
  • 選び方(2)システム利用料の安さで選ぶ
  • 選び方(3)システムの使いやすさで選ぶ

クラウドソーシングサイトの重要性は、Webライターとして経験を積むほど理解できてくるはずです。サイト内にはご自身の実績がすべて記録されていくため、なるべく1社を集中的に使うことをおすすめします。

選び方(1)案件数の多さで選ぶ

副業Webライターにとって、案件数の多いクラウドソーシングサイトを選ぶことが何よりも重要となります。案件数の少ないサイトでは、仕事を受注したくてもとれないことが往々にして発生するからです。

さらに言及すると、Webライティングの案件数が多いサイトに絞りましょう。クラウドソーシングサイトによって得意・不得意とする職種があるため、大手だからといって必ずしも案件数が多いとは限りません。

選び方(2)システム利用料の安さで選ぶ

次に重視すべき点は、システム利用料の安さです。

システム利用料とは、クラウドソーシングサービスを利用するうえで発生する手数料を指します。クライアントから代金を受け取る際に差し引かれるため、契約金額からシステム利用料を差し引いた金額が正確な報酬額です。

大手クラウドソーシングサイトの場合、契約金額の15~20%のシステム利用料が発生します。契約金額が高額になるほど5~10%ほどに下がる仕組みです。

特定のサイトによってはシステム利用料なしで利用できることもありますが、案件数が少ないケースも多いので注意してください。案件が少なければ仕事の機会も減るため、どちらかといえば案件数の多さを重視するとよいでしょう。

選び方(3)システムの使いやすさで選ぶ

最後に、システムの使いやすさも検討してください。たとえば、検索システムやメッセージ機能の使いやすさ、案件管理のしやすさ、出金の容易さなどが対象です。たびたび利用することにもなるため、少しでも不便さを感じると作業効率が落ちてしまいます

クラウドソーシングサイトはすべて登録無料なので、幅広いサイトを試験的に使ってみて確かめるとよいでしょう。

副業Webライターにおすすめのクラウドソーシング3選

クラウドソーシングサイトの正しい選び方を踏まえたうえで、今度は副業Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していきます。3種類あるので、1つでも自分に合うサイトを見つけてください。

クラウドワークス

とにかく執筆数をこなして実績を積みたい方は、クラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスは最大手のクラウドソーシングサイトであり、案件数の豊富さに特徴があります。特にライティング案件数は業界でも随一です。タスクとプロジェクトのどちらも数が多いため、Webライターの実績稼ぎに適しています。

【クラウドワークス】https://crowdworks.jp/

ランサーズ

長期的にWebライターとして活動したい方は、ランサーズがおすすめです。

ランサーズも最大手のクラウドソーシングサイトですが、ライティングよりもWebデザインやプログラミング関係の案件数が多くなっています。しかし、クラウドワークスに比べてライティング案件の相場が高めです。継続案件の依頼も多い傾向にあります。

よって、ランサーズで長期的に実績を積んでいくと、より高額な案件に恵まれやすくなることでしょう。

【ランサーズ】https://www.lancers.jp/

シュフティ

とにかくお小遣いを稼ぎたいという方は、シュフティがおすすめです。

シュフティは、クラウドワークスやランサーズに比べて案件数の豊富さはやや劣ります。しかし、Webライティングのなかでも簡単な案件やタスクが多いため、コツコツと稼ぐには最適です。

システム利用料が10%と低い点もメリットといえます(クラウドワークスやランサーズは20%)。

【シュフティ】https://app.shufti.jp/

副業Webライターとしてより多く稼ぐには?

副業Webライターを始めるなら、なるべくたくさんの収入を得たいと考えることもあるでしょう。

Webライターは未経験でも始められる恵まれた職種ですが、より多く稼ぐには収入を高めるコツを知っておく必要があります。収入を高めるコツは、初心者から中級者によって方法が異なります。一例として、初心者の内にWebライターが行っておくべきことをあげてみましょう。

  • 実績集めだけに集中する
  • 長期のお付き合いができるクライアントを見つける
  • 専門領域を身に付ける など

ほかにも種類はありますが、上記のポイントを意識して仕事するだけでも1年後・2年後の収入は大きく変わります。

まとめ

Webライターとして副業を始める際は、将来的に多くの収入を得ることも見据えておきましょう。高額な金額ほど目標が高くなり、高いモチベーションを維持して仕事を行えるようになります。

今回お伝えした手順は、次の8つのステップです。

  1. Webライティングについて学ぶ
  2. クラウドソーシングサイトに登録する
  3. タスク案件にチャレンジしてみる
  4. タスクに慣れたらプロジェクトに挑戦
  5. プロジェクトのポートフォリオを作る
  6. SEOとコンテンツマーケティングを学ぶ
  7. オウンドメディアを開設する
  8. Webライターとして独立する

経験を積んでいく内にできることも増え、よりWebライターの仕事が楽しくなっていきます。ぜひ、しっかりと準備を行ったうえで副業Webライターにチャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。