【体験記】セルフダーマペンでクレーター肌を自宅で治す!

ダーマペン

ニキビ跡のクレーター肌ダーマペンを使って改善できたので、使い方や効果などを紹介します。
ダーマペンは針で物理的に肌に小さな傷をつけるペン型の電動器具です。

ダーマペン(ダーマスタンプ)とは

ダーマペンと説明書

ダーマペン(ダーマスタンプ )は、非常に小さな傷をつける事によって、肌の再生を促す器具です。

ニキビ跡クレーターしわほうれい線妊娠線毛穴の縮小等に効果があります。

使用方法


セルフダーマペンで必要なもの

自宅でセルフダーマペンをおこなう際に必要なものです。
総額15000円程度かかりました。

必要なもの

購入できる場所

私が実際に購入した場所を共有します。
Amazonで売られているダーマペンはレビューがなくて、ニセモノっぽいので楽天で購入しました。

[追記:2020/2/15]
現在、ダーマペンは楽天で品薄状態のようです。
au Wowma(ワウマ)でも購入できます。

実際に購入した場所
  • ダーマペン(ダーマスタンプ)は楽天
  • 麻酔クリーム(ラクサールクリーム)は個人輸入代行のオオサカ堂
  • 保湿液(ワセリン)はAmazon

クレーター肌の美容外科やクリニックの治療法

クレーターの治療法は肌に傷をつけて再生させる方法が主流

針

検索するとわかりますが、クレータ肌を治療する方法で有名なのは以下の3つです。

  • レーザー治療
  • ダーマペン
  • ピーリング


全て肌を傷つけて治療する方法です。

陥没部分に刺激(小さな傷)を与えて人の治癒力でへこんでしまった部分を膨らませて回復させる手法です。

レーザー治療は皮膚科でないとできませんが、ダーマペンは自宅でできます。

クレーター肌の専門機関治療は10万円以上かかります

マッサージ

レーザー治療、ダーマペン、ピーリングを皮膚科で治療すると10万円以上(5回分)かかります。

初回の治療費は1万円程度なのですが、1回では治らないので5回以上行うことになり、10〜20万以上払うことになります
(参考)しのぶ皮膚科

自宅でできるダーマペン

リラックス

自宅でできるのはダーマペンとピーリングです。

ピーリングはピーリング剤を肌に塗って肌の表面をほんの少し溶かす治療法です。

ピーリングは実際にやってみましたが、クレータ肌には効果がありませんでした。

【セルフミルクピーリング体験記】ひどいニキビ跡と戦う!

セルフダーマペンの手順

セルフダーマペンの手順です。
麻酔→ダーマペン→保湿を実施します。

手順
  1. 洗顔
  2. 麻酔クリームを顔に塗る(厚めに塗るのがポイント)
  3. ラップをして30〜90分待つ (参考)麻酔クリームの使い方1 使い方2
  4. 洗顔またはウェットティッシュで麻酔クリームを拭き取る
  5. ダーマペンを顔に当てる(2〜10分)
  6. 洗顔
  7. 冷やす(2分程冷たいウェットティッシュを顔に当てる等)
  8. 保湿(保湿すると傷の治りが早くなります)

(参考)YouTube

YouTubeで検索するとセルフでダーマペンをしている方の動画が見つかります。
使い方の参考になります。

HOW TO DAMA

皮膚科の方のダーマペンの使い方動画

ダーマペンの使い方(医療関係者向け)

ダウンタイムは2〜4日

ダウンタイムは針の深さによりますが、だいたい2〜4日程度です。

施術後はダーマペンを当てた部分が赤くなるので赤みが抜ける日数です。

針の深さは0.25mm〜2.0mmに調整可能

針の深さは0.25mm〜2.0mmに調整可能です。

個人的には1.5mm以下がオススメです。

経験では針の深さが1.5mmまでは4日程度で赤みが目立たなることを確認しましたが、2mmだと赤みが1週間程度つづきました

なので個人的には1.5mm以下の深さでダーマペンを実施することをオススメします!

個人差があると思いますので色々試してみるといいと思います。

インターバルは2〜4週間に1回

一度施術した後の期間はは2〜4週間以上空けるのが一般的です。

しっかりと肌の回復を待ってから次を行いましょう。

効果を実感するのは5回の施術後

クレーター肌の改善の効果を実感できるのは5回以上施術した後のようです。

2週間に1回の頻度で行なった場合は2.5ヶ月後ということになります。

人間の治癒力を利用しているので1回ではすぐには治らないです。

我慢強く継続して施術しましょう。

(任意)針を消毒すれば繰り返し使える

針は毎回新しいものを利用するのが推奨されていますが、消毒すれば問題ありません

消毒方法は熱湯消毒やアルコール消毒があります。

私は殺菌作用が高い熱湯消毒を選択しました。

沸騰した熱湯で5分煮沸すれば、ほとんどの雑菌は死滅します。

セルフダーマペン体験記【レビュー】

ということで実際に体験します。

施術前の写真

1回目 2019年9月20日(金)

麻酔クリームがすぐに届かなかったので待ちきれず麻酔クリームなしで行いました。

針の深さは1番低い0.25mmの設定で行いましたが、痛いです。
涙が出るほどではありませんが、気合が必要です。

少しだけ出血しました。

施述時間は10分ぐらいかかりました。

次回は麻酔クリームをつけて針の深さを1mmで施術したいと思います!

施術直後の写真 2019年9月20日(金)

2019年9月21日(土)の写真

まだ、赤いです。

2019年9月22日(日)の写真

赤みが見立たなくなりましたが、まだ少し赤いです。

ただ、月曜日には目立たなくなってそうです。

2回目 2019年10月04日(金)

前回から2週間が経ちましたので2回目をやってみたいと思います!
まず施述前の写真ですが、前回の肌よりも少しですが陥没が目立たなくなっているような気もします!

施術前の写真

2回目の感想

今回は麻酔クリームを使用しました。痛くなくてスムーズにできました。


ダーマペン自体は5分ほどで終わりました。
ただ、塗りが薄かったようで少しだけ痛い部分もありました。
私の場合は顔に麻酔クリームをつけて60分で、麻酔が効きました。
針の深さは0.5〜1mmで行いました。

次回は麻酔クリームを色が残るぐらいにしっかり塗って全く痛みのない施述を行いたいと思います!

3回目 2019年10月18日(金)

さらに前回から2週間たちましたので、3回目を実施します。

施術前の写真

まず、施術前の写真ですが、まだクレーターが治った感じはしませんが、全体的に肌が綺麗になった感じがしてきました。

針の深さをもっと深くして試したいと思います。

3回目の感想

前回の反省を生かして、今回は麻酔クリームを色が残るくらい厚く塗りました。
そしてラップして1時間待ちました。

すると効果は抜群で全く痛くなかったです!

全く痛くなかったので、針の深さを1.5mmで行いました!

最大で2mmですが、月曜日までに肌が回復するか心配なので1.5mmにしました。

肌の回復の経過をみて問題なければ、次回は2mmで実施したいと思います!

(追記)
4日で赤みは目立たなくなりました!
1.5mmでも金曜に行えば月曜日には間に合います。

4回目 2019年11月1日(金)

施術前

まず、施術前の写真を撮り忘れてしまい、写真はないのですが、肌の状態としては良くなっていることを実感しました。
全体的な肌のブツブツ感が薄くなります。
1.5mmにすると効いていることを実感できます!

感想

前回、針の深さ1.5mmに初挑戦しましたが、3日程度で赤みは目立たなくなりましたので、今回は2mmでダーマペンを行いました。

麻酔クリームもしっかり塗っていたので痛くはなかったですし、スムーズに3分程度で完了ました。

(追記)
肌が少し痒くなって傷が治っていないのに無意識に肌を掻いてしまい、肌の赤みが1週間続いてしまいました。
会社にはマスクをして通勤してました。

個人的には2mmだと肌へのダメージが大きい気がしました。
私は1.5mmで今後も続けていこうと思います。

まとめ

セルフダーマペンの方法とその効果について紹介しました。


体験してみてクレーター肌に効果があることがわかりました。

個人的には針の深さが1.5mmがベストだと感じましたが、個人差があると思います。

痛いので麻酔クリームは必須です(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました