セルフダーマペンでクレーター肌が改善!失敗しないためのやり方【体験記】

ダーマペン

セルフダーマペンでクレーター肌が改善できるのか知りたい。効果のあるやり方や必要のものは何だろう。

こういった疑問に答えます。

セルフダーマペン3ヶ月の結果

セルフダーマペンの効果

左がダーマペンを実施する前、右が実施後(6回・3ヶ月後)の写真です。

3ヶ月かかりましたが、クレーター肌が改善しました!

本記事では私の経験や調べた情報を元に、セルフダーマペンの手順や必要なものをまとめています

やりがちなNG項目もあるので、これからセルフダーマペンをやる方はぜひ参考にしてください!

後半はセルフダーマペンを行った3ヶ月間の体験記録です。

この記事のポイント
  • セルフダーマペンのやり方
  • 総額15000円程度
  • 痛いので麻酔クリーム推奨
  • 肌の消毒はNG

ダーマペン(ダーマスタンプ)とは

ダーマペン (ダーマスタンプ)
ボタンを長押しすると振動します

ダーマペン(ダーマスタンプ )とは、肌に小さな穴を無数にあける事によって、肌の再生を促す電動器具です。

ニキビ跡、クレーター、しわ、ほうれい線、妊娠線、毛穴の縮小等の治療に利用されています。

美容皮膚科では頻繁にダーマペンが利用されていて、お笑い芸人のバービーさんがダーマーペンを利用した治療を受けているところをYouTubeで公開しています。

ヒロジュン

美容皮膚科ではダーマペンが広く使用されていますね。

セルフダーマペンの手順・やり方

ヒロジュン
ヒロジュン

私が実際に行ったセルフダーマペンの手順です。
美容皮膚科の手順を参考にしました。

まず以下の準備をします。

【事前準備】

  • ラップをハサミで顔に貼れる大きさに切り分けておく
  • 夏場はウェットティッシュ(ノンアルコール)をラップに包んで冷蔵庫に2枚入れておく

準備が終わったら以下の手順でダーマペンを実施します。

洗顔

洗顔フォームや石鹸で表面の油分を洗い流します。洗ったらタオルでしっかりと水分を拭き取ります。

麻酔クリームを顔に塗る

麻酔クリームを色が残るぐらい厚く塗ります。
(参考)麻酔クリームの使い方
薄く塗ると、麻酔効果が弱く、痛みを感じることがありました。

ラップをして30〜90分待つ(経験では60分)
ラップ時の写真

ラップの上から思いっきりつねっても痛くなければ準備OKです。経験では30分だと少し感覚が残っていて、60分で感覚がなくなりました。

ウェットティッシュで麻酔クリームを拭き取る

ウェットティシュで麻酔クリームを丁寧に拭き取ります。口や目に入らないように注意します。

ダーマペンを顔に当てる(3〜10分)
ダーマペンを顔に当てる画像

ダーマペンを肌に対して垂直にスタンプを押すように肌に当てます。斜めにすると傷口が大きく広がってしまう可能性があります。
針の深さは1.5〜2mm、振動速度は一番早い速度で、ほっぺは少し膨らませながらやってました。
麻酔をしっかりすれば痛みはありませんでした。

ウェットティッシュで出血を拭き取る

ウェットティッシュはノンアコールタイプを使用します。(理由は後述)

冷やす(2分程冷たいウェットティッシュを顔に当てる等)

冷蔵庫で冷やしておいたウェットティッシュで顔を冷やします。冬場は冷蔵庫に入れなくてもOKです。冷やすことにより傷口を塞ぎ、出血を止める効果があります。

保湿

しっかりと保湿をして傷の回復を促します。
保湿力の高いワセリンがオススメです。

美容皮膚科では上記の手順に加えて成長因子入りの液を塗ることが多いですが、私は成長因子なしでダーマペンを実施しました!(理由は後述します)

ヒロジュン

美容皮膚科のダーマペンの手順は共立美容外科のページが参考になります。

注意

ウェットティッシュはノンアルコールタイプを利用してください。ダーマペン後の肌の消毒はNGです。消毒すると肌の再生を妨げることになります。
(詳細は下記の引用文参照)

近年の様々な研究から、傷口を消毒して乾燥環境に置いてやるということは、実は傷の自然治癒をむしろ邪魔しているということがわかってきました。特に消毒薬はアルコール・ヨード剤・次亜塩素酸など多種のものがありますが、これらは全て、化膿の原因となる細菌よりもむしろ創面の細胞をより障害してしまうばかりか、正常な皮膚細胞までもを障害してしまう存在であることが明らかになってきており、消毒薬を一切置かない医療機関も出現してきています。

引用:湿潤療法(Moist Wound Healing)について | 松本医院

ヒロジュン

肌を消毒すると細胞の再生を邪魔してしまいます。

ダウンタイムは3日程度

施術後はダーマペンを当てた部分が赤くなります。赤みが抜ける日数(ダウンタイム)は、針の深さによりますが、だいたい2〜5日程度で、ほとんどの場合は3日程度で目立つような肌の赤みは無くなります

女性の方は、お化粧をするので問題ないと思います。男性の方で赤みが残っている時はマスクをして通勤、通学するのがオススメです。

ヒロジュン
ヒロジュン

3日程度で目立つような肌の赤みは無くなります。私は金曜日の夜にやってました。

ダーマペンの頻度は?

ダーマペンを2週間に1回の頻度で行って私はクレーター肌を改善させることができました。

ヒロジュン

毎日やるのはNGです。最低2週間は間隔をあけましょう!

セルフダーマペンで必要なもの

セルフダーマペンで必要なもの
ヒロジュン
ヒロジュン

セルフダーマペンのために購入したものを共有します。総額15,000円程度かかりました。

美容皮膚科では上記に加えて成長因子が利用されています。成長因子入りの美容液がよくネットで売られていますが、私は購入しませんでした。理由は後述します。

ダーマペン(ダーマスタンプ)

ダーマペン(ダーマスタンプ)

まずは肝心のダーマペン。

購入した製品は「電動ダーマスタンプ」という名称で、「MyM」のロゴが目印です。

私は楽天で2019年9月に8500円ぐらいで購入しました。

[追記:2020年6月8日]
2020年6月時点でAmazonやYahooショッピングで3000〜4000円で売られているようです。これから購入される方は楽天よりそちらで買う方が安く購入できます。

created by Rinker
¥3,999 (2020/07/07 23:44:11時点 Amazon調べ-詳細)

美容皮膚科では「ダーマペン4」という製品が多く利用されているようですが、個人で購入する方法が見つかりませんでした。

ダーマペンの替針

替え針はダーマペンを行う度に交換することが推奨されています。

ダーマペン購入時に針が3個ほどついてきますので、4回以上ダーマペンを利用するときに替針が必要になります。私は楽天で2600円程度で購入しました。

変え針は12針と36針があります。私は12針を購入しましたが、36針の方が針が密集していて顔にダーマペン顔に当てる頻度が少なくなり、ダーマペンが楽になると考えられます。

created by Rinker
GJBY
¥922 (2020/07/07 23:44:12時点 Amazon調べ-詳細)

麻酔クリーム

ラクサールクリーム
麻酔クリーム

麻酔クリームは個人的には必須のアイテムです。一度、麻酔なしでダーマペンをやってみましたが、普通に痛いです。針が1番浅い0.25mmでも出血はします。痛いです(泣)。

ヒロジュン

麻酔クリームなしだとかなり痛いです。

麻酔クリームを顔に厚めに塗り、ラップをして60分待ってからダーマペンを行えば痛みはありません。

麻酔クリームはエムラクリームとラクサールクリームが有名です。

私はラクサールクリームを個人輸入代行のオオサカ堂で2500円ぐらいで購入しました。

注文してから届くまで2週間ほどかかるので、早めに注文することをオススメします。

保湿液(ワセリン)

ワセリン

高い保湿効果

肌の再生を促進させるために傷口を乾かさないようすることが重要です。

湿潤療法といって自己治癒力を最大限に活かす方法です。

湿潤療法とは、体が本来持っている自己治癒能力を最大限に活かし、痛くなく、早く、きれいに傷を治す治療法です。

具体的には、傷を消毒し、ガーゼを当てて乾燥させる従来の治療法と異なり、傷を水道水等で良く洗った後に被覆材で覆い、乾燥させずに治療を行います。

家庭においては、市販の湿潤療法用絆創膏の他、白色ワセリンを塗った食品用ラップフィルム等で対応することができます。

引用:湿潤療法について- 逓信病院

ワセリンはワックスかこれ?と思うほどの粘り気のある感触で、高い保湿力があります。

私はワセリンをダーマペン直後〜1日後は顔に塗り、十分な保湿を行うように心がけていました。

私は間違えて大容量の500gのワセリンを購入してしまいました。これから購入される方は100gのワセリンで十分です。

created by Rinker
大洋製薬
¥789 (2020/07/07 23:47:11時点 Amazon調べ-詳細)

セルフダーマペンで必要なものリスト

セルフダーマペンで必要なものを表にまとめました。

製品用途必須料金
ダーマペン 必須3000〜9000円
麻酔クリーム(ラクサールクリーム または エムラクリーム)肌の麻酔必須2000〜4000円
ラップ麻酔用必須
ハサミラップを切る用必須
保湿液(ワセリンなど)保湿必須500〜1,000円
顔を見る用必須
替え針替え針必須2,000〜3,000円
ウェットティッシュ(ノンアルコール)必須500〜2000円
ダーマヒール肌の再生促進(成長因子)任意20,000〜30,000円
ヒトプラセンタジェル肌の再生促進(成長因子)任意1,000〜3,000円
クールマスクダーマペン後の肌の冷却任意5,000〜7,000円
リポペプチド肌の再生促進任意4000円

「任意」の製品はダーマペンと一緒に使用されることが多い製品です。参考情報として記載しています。私は購入してません。

MEMO

美容皮膚科では、肌の再生を促す成長因子をダーマペン後、肌に塗布することが多いです。

城本クリニックではダーマヒールを利用しているようです。

成長因子入りの美容液の効果は?

ネットで売られている成長因子入りの美容液の効果には疑問があります。以下の記事によると成長因子は、常温では数時間で分解され、積極的にすすめるデータもないそうです。私は成長因子入りの美容液を購入せずにダーマペンを実施しました!

成長因子は常温では数時間で分解してしまうことが多いです。キズに対する処方薬のフィブラストスプレーでも、冷蔵庫では2週間もちますが、常温ではすぐに分解して効果がなくなってしまいます。美容液の製造元ごとに成長因子を安定化する工夫はしていると思いますが、どの程度の期間、成分を維持できるかについてはデータが少ないのが現状です。

成長因子入りの美容液を使うことを積極的にすすめるほどのデータは、現時点ではありません。使用するかどうかは個人の好みや経験に基づいたものになります。

引用:「成長因子」の入った化粧品の効果と安全性は? [皮膚・爪・髪の病気] All About
ヒロジュン
ヒロジュン

成長因子入りの美容液を利用するかは個人の判断に任せます。

美容皮膚科が、ダーマペンの施術料金を高くするために成長因子入りの美容液が利用されている可能性があります。

ちなみに美容皮膚科のダーマペンの料金相場は5回で130,000〜160,000円です。
高いところだと3回で28万円(料金ページ)のものもあります。

セルフダーマペンのポイント

  • 針は垂直に刺す
  • ダウンタイムは3日程度
  • 針の深さは1.5mm〜2mm
  • 消毒をしてはいけない
  • 期間は2週間以上あける

ダーマペンはスタンプを押すように垂直に!

ダーマペンを肌に斜めにあてると傷口が広がってしまい、ダウンタイムが増えてしまう可能性があります

私は肌に小さな穴をあけることをイメージしながらダーマペンを垂直にスタンプを押すように顔にあてていました。

クレーターなら針の深さは1.5mm〜2.0mmに設定すべし

針の深さはダイアルを回すことによって0.25mm〜2.0mmに調整可能です。

クレーターは肌の「真皮」と呼ばれる部分が破壊されたまま放置されている状態です。この真皮の厚さは顔だと1.8~2.0mm前後と言われています。(参考)美容皮膚科のブログ

この真皮の部分をダーマペンで耕したいので可能な限り2.0mmの深さに近づけてダーマペンを行います

ただし、肌の厚さやクレーター肌の深さには個人差があります。また、深くするほどダウンタイムが増えるので注意が必要です。


経験では、針の深さが1.5mmまでは4日程度で赤みが目立たなることを確認しましたが、2mmだと赤みが5日程度つづきました。


私が経験した針の深さとダウンタイムです。

針の深さダウンタイム
0.25mm2日
1mm3日
1.5mm4日
2mm5日

*ダウンタイムが5日の場合でも3日程度で目立つような赤みは無くなります。ずっと真っ赤ではありません。

私は、個人的に平日にあまり赤みを残したくなかったので針の深さ1.5mmでダーマペンを継続しました。

インターバルは2〜4週間以上

一度施術した後の期間は2〜4週間以上空ける必要があります。しっかりと肌の回復を待ってから次を行いましょう。

肌の消毒はNG

繰り返しになりますが、ダーマペン後に肌の再生を促進させるために、湿潤療法という人間の自己治癒力を最大限に生かす方法を利用します。これは傷口を消毒せずにしっかりと保湿することによって傷を綺麗に再生させる手法です。消毒すると肌の再生を妨げてしまうことになります。

(参考)湿潤療法(Moist Wound Healing)について | 松本医院

効果を実感するのは5回の施術後

クレーター肌の治療は人間の治癒力を利用しているので1回ではすぐには治りません。

クレーター肌の改善の効果を実感できるのは5回以上施術した後です。2週間に1回の頻度で行なった場合は2.5ヶ月後ということになります。

我慢強く継続して施術する必要があります。

実際の使い方はYouTubeの動画が参考になります

YouTubeで検索するとセルフでダーマペンをしている方の動画が見つかります。
使い方の参考になります。

成長因子(グロスファクター)入りの美容液

ダーマヒール

引用:Amazon

美容皮膚科では、ダーマペン後に成長因子(グロスファクター)入りの液を顔に塗ることが多いです。

ダーマヒール(20,000〜30,000円)という製品が城本クリニックで利用されているようです

ヒトプラセンタジェル


安価なヒトプラセンタジェル(2000〜3000円)という商品もあります。

こちらは美容皮膚科でダーマペン後に利用しているという情報が見つからなかったのですが、最近ネットやSNSで人気のようです。


肌にあうかパッチテストが必要らしいですが、YouTubeでレビューしている方もいるので、おそらく大丈夫かと思います。
(参考)ネオクリニックのヒトプラセンタジェルの説明

私は試していないので参考程度でお願いします。

【参考情報】クレーター肌の美容外科やクリニックの治療法

クレーター肌を治療する方法で有名なのは以下の3つです。

  • レーザー治療
  • ダーマペン
  • ケミカルピーリング


全て肌を傷つけて治療する方法です。陥没部分に刺激(小さな傷)を与えて人の治癒力でへこんでしまった部分を膨らませて回復させます。レーザー治療は皮膚科でないとできませんが、ダーマペンは自宅でできます。


ケミカルピーリングは実際にやってみましたが、クレーター肌には効果がありませんでした。

また、皮膚科でクレーター肌の治療をすると、10〜20万以上払うことになります。
(参考)しのぶ皮膚科

セルフダーマペン体験記【レビュー】

ここからは実際に体験した時の記録です。

施術前の写真

1回目

麻酔クリームがすぐに届かなかったので待ちきれず麻酔クリームなしで行いました。

針の深さは1番低い0.25mmの設定で行いましたが、とても痛かったです。涙が出るほどではありませんが、気合が必要です。少しだけ出血し、施述時間は10分ぐらいかかりました。

次回は麻酔クリームをつけて針の深さを1mmで施術したいと思います!

施術直後の写真

【1日後】の写真

まだ、赤いです。

【2日後】の写真

まだ少し赤いですが、月曜日には目立たなくなってそうです。

2回目

前回から2週間が経ちましたので2回目をやってみたいと思います!
まず施述前の写真ですが、前回の肌よりも少しですが陥没が目立たなくなっているような気もします!

施術前の写真

2回目の感想

今回は麻酔クリームを使用しました。痛くなくてスムーズにできました。私の場合は顔に麻酔クリームをつけて60分で、麻酔が効きました。ダーマペン自体は5分ほどで終わりました。

ただ、塗りが薄かったようで少しだけ痛い部分もありました。針の深さは0.5〜1mmで行いました。

次回は麻酔クリームを色が残るぐらいにしっかり塗って全く痛みのない施述を行いたいと思います!

3回目

さらに前回から2週間たちましたので、3回目を実施します。

施術前の写真

まず、施術前の写真ですが、まだクレーターが治った感じはしませんが、全体的に肌が綺麗になった感じがしてきました。

針の深さをさらに深くして試したいと思います。

3回目の感想

今回は麻酔クリームを色が残るくらい厚く塗りました。すると全く痛くなかったので、針の深さを1.5mmで行いました。

肌の回復の経過をみて問題なければ、次回は2mmで実施したいと思います!

(追記)
4日で赤みは目立たなくなりました!

4回目

施術前

まず、施術前の写真を撮り忘れてしまい、写真はないのですが、肌の状態としては良くなっていることを実感しました。全体的な肌のブツブツ感が薄くなります。

1.5mmにすると効いていることを実感できます!

感想

今回は2mmでダーマペンを行いました。麻酔クリームもしっかり塗っていたので痛くはなかったですし、スムーズに3分程度で完了しました。

(追記)
肌が少し痒くなって傷が治っていないのに無意識に肌を掻いてしまい、肌の赤みが1週間続いてしまいました。

会社にはマスクをして通勤してました。

個人的には2mmだと肌へのダメージが大きい気がしました。私は1.5mmで今後も続けていこうと思います。

初回から3ヶ月後

長くなるので割愛しましたが、5・6回目を1.5mmで行いました。

3ヶ月前と比べるとクレーター肌が目立たなくなりました!

まとめ

セルフダーマペンの方法とその効果について紹介しました。

紹介した方法で美容皮膚科で実施されている10〜20万円以上の施術を15,000円程度で家で行うことができます。ぜひ試してみてください。

個人的には針の深さが1.5mmがベストだと感じましたが、個人差があるので、これからセルフダーマペンを実施される方は、色々試していただければと思います。

痛いので麻酔クリームは必須です(笑)

不明点・質問などあればコメント頂ければ回答します。

6 COMMENTS

Avatar

ダーマヒールを購入した
ダーマレボリューションというサイトが
怪しげなんですがこちらは安全でしょうか?

返信する
ヒロジュン ヒロジュン

わかりづらくて申し訳ありません。
私は「ダーマヒール」を購入・利用をしておりません。

美容皮膚科で、ダーマヒールを利用しているという情報がありましたので、参考情報としてダーマヒールを販売しているサイトのリンクを載せているという状況です。

私は成長因子入りの美容液がなくても、しっかり保湿をすることで結果がでました。

ただ、保湿だけでは効果が薄い方もいらっしゃると思います。
成長因子入りの美容液をご利用になるかは個人の判断でお願いしたいです。

ちなみに、本文にも記載しておりますが、私が利用したのは「ダーマペンで必要なもの」の表で「必須」と記載している製品になります。

返信する
Avatar

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
とても参考になりました。

これからもブログの更新楽しみにしてます。

返信する
ヒロジュン ヒロジュン

ありがとうございます。ブログ更新頑張ります!

このページには、セルフダーマペンについての情報を充実させたいと思っています。
セルフダーマペンについての最新情報・追加情報あればコメント頂けると嬉しいです!

返信する
Avatar りり

初めてコメントさせていただきます。
とても分かりやすくまとめてあり、ありがたいです。
質問なのですが、
ダーマペンは、クレーターの部分だけ当てましたか?
それとも顔全体に当てましたか?

返信する
ヒロジュン ヒロジュン

コメントありがとうございます!

私は、クレーターの部分にだけダーマペンをあててました。

私は12針を利用していて、針と針の間隔があいていたので、少しずつ位置をずらしながらスタンプ式でやってました。

時間をかけすぎると麻酔が切れるので手早くやるのもポイントかもしれません。

参考になれば幸いです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。