Webエンジニアがオススメする無料のSEOツール

無料のSEOに役立つツールをご紹介します。
有料のツールがたくさんありますが、無料で利用できるツールで十分です。

Google Search Console

Googleの検索順位や表示回数、クリック数がわかります。Webサービスを立ち上げるときに設定するべきツールです。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、
改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

RelatedKeywords 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

relatedkeywords

関連キーワードをあいうえお順に表示してくれます。コンテンツを作成するときに役立ちます。

Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋
これらの情報元より関連キーワードを一括取得し、表示するツールです。
関連キーワードから、新たに作成するWEBコンテンツの発想を得たり、用途はそれなりです。

https://www.related-keywords.com/

キーワードプランナー

Googleが提供している関連キーワード調査ツール。
Googleに広告を出すときに使用されることが想定されているので、利用するときにクレジットカードや住所の登録が必要になりますが、無料でも利用できます。有料だとより詳細な検索ボリュームが表示されます。

無料での利用方法は↓の記事にまとまっています。
【2019版】キーワードプランナーの登録方法|無料で使うGoogle広告 – Web活用術


お客様の商品やサービスに関連する語句を検索してみましょう。キーワード プランナーを使えば、お客様のビジネスと特に関連性の高いキーワードを見つけることができます。
キーワード調査ツールを使うと、特定の語句が検索されている頻度や、そうした語句の検索数の推移を確認できます。こうした情報に基づいて検討すれば、成果が期待できるキーワードを絞り込むことができます。

引用:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Lighthouse – Chrome ウェブストア

Lighthouse

Googleが提供しているChromeの拡張機能です。
英語ですがパフォーマンスやSEOについてレポートを作成してくれます。

Lighthouseは、Webアプリのパフォーマンス、品質、および正確性を改善するためのオープンソースの自動化ツールです。


ページを監査する場合、Lighthouseはページに対して一連のテストを実行し、ページのパフォーマンスに関するレポートを生成します。
ここから、失敗したテストを、アプリを改善するためにできることの指標として使用できます。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

LightHouseの簡易版です。日本語でWebページの読み込み時間のレポートを表示してくれます。
Googleが提供しています。

Google Analytics

Webサービスを立ち上げるときに必須のツールです。PV、直帰率、ユーザの属性等がわかります。

Google アナリティクスには、ユーザー像を詳しく分析するうえで必要なツールが揃っており、そうしたツールで得られたインサイトに基づいて、ウェブサイトの改善やオーディエンス リストのカスタマイズといった適切な対応を取ることができます。

Google Analytics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。